壁を楽しむために、壁を知る 「壁の内部構造はどうなっている?」

 

f:id:rhino-blog:20130806195000j:plain

壁を楽しむために、壁を知る
「壁の内部構造はどうなっている?」

 

かつて日本の家の和室や数寄屋造りや書院造りの壁には、伝統的な工法による塗り壁が用いられてきました。
柱と柱の間に竹を格子状に組み、縄で縛って固定する。
その後下地を乾燥させては塗り重ねる。
子舞下地と呼ばれるものです。当然手間と技術を要します。

ところであなたの家の壁は何でできているかご存知ですか?
ほとんどの壁は、鉄筋コンクリート造りであっても、剥き出しのコンクリート部分以外は石膏ボード(プラスターボー)が貼られていると思っていれば間違いありません。
これは、家の壁の内側が不燃性のものでなければいけないという、消防法に基づいています。
今回は、壁の構造についてです。壁の構造を理解することで、壁に絵を飾ったり、家具を取り付けたり、壁を楽しむことにつながります。

 

| 壁の作られ方

f:id:rhino-blog:20130727181603p:plain

壁には「湿式工法」と「乾式工法」があります。
湿式工法は現場で左官職人さんが仕上げる水を混ぜて作る壁のことを言い、冒頭の伝統工法の「子舞下地」は湿式工法になります。
一方、乾式工法は石膏ボード貼り、クロス仕上げです。
最近の住宅事情は、工期短縮、材料及び職人のコスト削減と防火認定材を要するため、石膏ボードによる乾式工法を採用しています。
石膏ボードは、骨を折ったときのギブスを想像してもらえば簡単です。叩けばバラバラと崩れるものなので、ネジなどで固定することができません。だから大きな絵を掛けたり、家具を取り付けたりするのには不向きです。
軽いものであれば、石膏ボード用のアンカーを利用して、ネジを固定することができます。

 

| 壁の中にある柱「間柱」

では、石膏ボードの壁に重いものを固定するにはどうすればいいでしょうか。
重いものを固定するためには間柱を利用します。1枚の石膏ボードは、910㎜幅でできています。この石膏ボードを固定するたに、等間隔で間柱を立てます。間柱のピッチは、300㎜が多く、ときに450㎜のピッチで入っています)。この間柱にめがけてネジを打ち込むのです。

しかし出来上がっている壁で、間柱の場所を探すには、ちょっとしたテクニックが必要になります。

  • 叩いて、音で確認する
  • 磁石で、金属を確認する
  • 針で、間柱を確認する
  • 下地センサーで、間柱を確認する

壁をコンコンと叩くと、間柱のないところは高く、間柱があるところは低く響きます。
磁石は、石膏ボードの奥の軽量鉄骨に反応するのではなく、石膏ボードを間柱に固定しているビスの頭に反応します。
針は、石膏ボードに刺したときに奥まで貫通するか、間柱のところで止まるかで判断します。
下地センサーは、壁に当てて間柱を電気的に感知する機械です。
どれか一つでというよりは、組み合わせて、より明確化することが望ましいです。

 

| 鉄筋コンクリートでの石膏ボード
間柱の材は、木造住宅であれば木製、鉄骨住宅であれば軽量鉄骨で作られていることが多いです。
しかし鉄筋コンクリート(RC)造りの場合は、GLボンドと呼ばれる接着剤を大きな団子状にして、適当な間隔でコンクリートに付けていき、それで石膏ボードを固定します。当然間柱はありません。
これによりコンクリート壁と石膏ボードとの間には100㎜程の空間が生まれ、コンクリートの湿気が直接石膏ボードに伝わることがありません。
間柱のない鉄筋コンクリートの、GLボンドと石膏ボードでは、基本的には大きな絵や家具などは付けられないと思っていただいたほうがいいでしょう。

 

| 自由自在に壁にものを飾るためには

f:id:rhino-blog:20140615110200j:plain
話を木製または軽量鉄骨の間柱に戻します。
決まったピッチで入っている間柱を利用して物を飾ろうとすれば、自分が付けたい場所に付けられるとも限りません。
そこで、天井と壁の境目にピクチャーレールを取り付ける。ピクチャーレールの場合、自由に場所や高さを決めることができます。しかもピクチャーレールを後付けするのも、それほど大がかりな工事ではありません。小さなミラーや絵を飾るのであれば、壁に穴を開けたりすることがないピクチャーレールがお勧めです。

しかし

  • ピクチャーレールのワイヤーが好きでない
  • 重さのある大きな絵やミラーなどを飾りたい
  • 壁付けテレビや壁付け収納家具を取り付けたい

このようなときは、どうすればいいでしょうか。
これから家やマンションを購入、またはリフォームするのであれば、石膏ボードの下にコンパネ(コンクリートパネルという合板ベニヤ)を全面に貼ってもらいましょう。

これによりネジが効くようになり、かなり自由に壁に物を掛けることができるようになります。
今お住まいのお部屋の場合は、石膏ボードを取り、新たにコンパネを貼った上から石膏ボードを貼り直すリフォームをしなければなりません。当然予算が掛かります。

最後に、マンションの場合、お隣との戸境壁(境界壁)はネジをうつだけでも、管理組合に申請しなければならないこともあります。ご注意ください。

<今日のポイント>

石膏ボードはネジが効かない。だから効かせるための工夫が必要。

 

壁を補強すると、壁付けのウォールユニットも思いのままです。

www.rhino-creation.com


www.rhino-creation.com



お問合せ先
hülsta planning center 日本橋
interior shop RHINO creation
Web : http://www.rhino-creation.com/
Mail : info@rhino-creation.com
東京都中央区日本橋浜町1-12-9 日本橋浜町ビル1F
Tel.03-5829-8188

 

2016.07.23投稿改訂