壁を楽しむために、壁を知る 「タイルは水回りだけじゃない。リビングやベッドルームにも」

f:id:rhino-blog:20131004134732j:plain

壁を楽しむために、壁を知る
「タイルは水回りだけじゃない。リビングやベッドルームにも」
 

 

これまで紹介してきましたクロスやペイント、珪藻土などではどうしても表面的な印象の変化になりがちです。
もっと壁に表情を持たせたいというときにお勧めなのが、タイルです。
タイルを貼ると、壁に規則的あるいは不規則的な陰影が生まれます。また明かりの反射角度の違いからも、白のタイルであってもクロスやペイントでは作れない、個性的な空間を演出することができます。

 

タイルは、防水性はもちろんのこと、防火性や耐候性、さらに洗剤や酸、アルカリなどの薬品にも強く、しかもお手入れも簡単なことからキッチンや洗面、バスルームなど水回りの内装材としてこれまで用いられてきました。一般的には陶磁器製のものを指すことが多いのですが、素地質によって陶器質、せっ器質、磁器質タイルと別れ、それぞれ吸水性に違いがあります。

 

最近では色やデザイン性だけでなく、調湿性などの機能を備えたタイルをリビングや寝室に貼るケースが増えています。壁紙などにはない凹凸による表情がタイルにはあり、昼間の自然光の中でも壁に不規則な影が生まれたり、夜の間接照明ではさらに陰影が際立ったりします。

f:id:rhino-blog:20131004134729j:plain

タイルに細かい空孔持たせ、湿度調節機能や結露やカビの抑制するもの。さらにシックハウスの原因となる、VOC(揮発性有機化合物)などを吸着し、低減する高機能性のものもあります。その代表格がINAX(LIXIL)のエコカラットです。

 

リフォームなどでもよく取り入れられるエコカラットは、上記のような機能性プラス施工がしやすいことも大きなポイントです。
壁全面、壁一面、部分的なアクセントウォールと施工することができます。
アクセントウォールの場合、デザインパッケージを用いると、まるで大きな絵を飾るようで、かなり迫力があります。詳しくはエコカラットのホームページでご確認ください。

ecocarat.jp




お問合せ先
hülsta planning center 日本橋
interior shop RHINO creation
Web : http://www.rhino-creation.com/
Mail : info@rhino-creation.com
東京都中央区日本橋浜町1-12-9 日本橋浜町ビル1F
Tel.03-5829-8188

 

2016.07.23投稿改訂