しまうだけが収納じゃない!「ブックシェルフ」

f:id:rhino-blog:20140907122311j:plain

しまうだけが収納じゃない!
「ブックシェルフ」


今回の収納はブックシェルフ、本棚です。
以前私もかなりの蔵書がありましたが、残念ながら引越しを機に、その多くを処分してしまいました。どれを残すか、どれを処分するかで本当に悩みました。

当時私の持っていた本棚は自作の本棚で、棚の高さを文庫本、単行本、雑誌の3つに分けたものでした。
文庫本は奥行きが少ないので、前列と後列に分け、出版社別、作家別に並べていました。

 

| ブックシェルフに求める機能
ブックシェルフは、それぞれの蔵書やこれからの収集量によって、サイズや機能の選び方が変わってきます。

f:id:rhino-blog:20140907122545j:plain

機能というのは、

  • 扉で見せたくない書類などを隠す
  • 引出しで文房具などの細かなものを分別収納
  • 部分的にガラスと照明でショーウィンドウのようにディスプレイする
  • デスクと一体化させる

などです。
このように、単純に本を並べるためだけのブックシェルフよりも、機能性をプラスするだけで、自分らしさがグッと表現できるブックシェルフになります。

 

デスクとブックシェルフを一体化させたユニットは、ホームオフィスに最適です。このときのポイントは、導線です。

f:id:rhino-blog:20140907122546j:plain

デスクを中心に、書類や資料の出し入れがスムーズに出来る、効率の良いレイアウトがベストです。



| リビングボードにブックシェルフの要素
書斎が作れないときには、リビングにブックシェルフの要素を組み込んでみてはいかがでしょう。

f:id:rhino-blog:20140907122549j:plain
テレビボードとブックシェルフを一体化させたリビングボード。リビングの主役をテレビではなくすることで、インテリア性の高いリビングボードに仕立て上げることができます。

ウッドのドア、ガラスドア、引出しをうまく配置して、リビングボードにブックシェルフを合体させると、素敵なリビング空間が生まれます。

 

| お洒落なブックシェルフを作るコツ
個性的で、お洒落なブックシェルフを作るときのヒントはどこにあるか。
そのヒントは、最近はやりのブックカフェや、個性的な小さな本屋さんにあります。
ブックカフェや小さな本やさんの本の並べ方、空間の作り方、見せ方、飾り方、仕舞い方には、なるほどなという発見があるからです。
例えば、洋書は立てて並べず、あえて重ねるようにすると、本のタイトルを読めるようになります。しかも背の高いものでも問題ありません。

 

f:id:rhino-blog:20140907122548j:plain


人は、一生の中で出会える本の数に限りがあります。
そして本の中で、世界中を旅し、人を愛し、時にはかなわない相手とも闘い、大切な人をなくす悲しみを知り、人生を謳歌する喜びに浸ることができます。
出会えたお気に入りの本を大切に並べるためのブックシェルフだからこそ、じっくりと考えて決めるべきではないでしょうか。


手本になるヒュルスタのブックシェルフ。参考にしてください。

www.rhino-creation.com



お問合せ先
hülsta planning center日本橋
interior shop RHINO creation
Web : http://www.rhino-creation.com/
Mail : info@rhino-creation.com
東京都中央区日本橋浜町1-12-9 日本橋浜町ビル1F
Tel.03-5829-8188

2017年4月1日改訂