Touch on Wood. 木に触れる生活 「森の女王、ブナ」

今回は「ブナ」。英名「ビーチ(Beech) 」です。ちなみに浜辺のビーチは「Beach」。ビーチと似た名前で「バーチ(Birch)」がありますが、こちらは「樺(かば)」になります。私はビーチとバーチが混同してしまいがちなため、樺とバーチを「カバーチ」と覚え…

Touch on Wood. 木に触れる生活 「魂の木、タモ」

広葉樹の中でナラと同じく古くから内装材や家具などに使用されてきたものの一つにタモがあります。タモは、モクセイ科トネリコ属。学名の「Fraxinus sieboldiana」は日本でも有名なドイツ人医師シーボルトがつけたと言われています。英名は「Ash:アッシュ」…

Touch on Wood. 木に触れる生活 「森の王様、オーク」

生ハム好きにとって脂がとろけるように美味しいイベリコ豚。スペインのイベリコ半島で育つブタは基本的にイベリコ豚になります。イベリア半島に広がるオークの林で放牧され、ドングリを主体に育ったブタにはハモン・イベリコ・ベジョータの表示が付けられます…

Touch on Wood. 木に触れる生活 「高級感のあるウォールナット」

ウォールナットは、チークやマホガニーと共に世界三大銘木の一つに数えられます。 マホガニーのチェスト チークのキャビン 産地は北米東南部、マサチューセッツ州からフロリダ州にかけて多く産出されます。厳しい寒さのもとで時間をかけて生長するため、硬く…

Touch on Wood. 木に触れる生活 「植物としての木」

2014年、新しいブログのテーマは「Touch on Wood. 木に触れる生活」です。私たち生物にとって生きるために欠かせないものの一つに、空気があります。私たちが酸素を吸って二酸化炭素を出す。植物は光エネルギーを使って水と空気中の二酸化炭素から炭水化物を…

リビングの主役、ソファの選び方 「hülsta(ヒュルスタ)のソファmadison & wilson」

*残念ながら、現在、ヒュルスタのソファは廃番となっております。今回の「ソファの選び方」の最後は、ドイツ、ヒュルスタのソファを紹介します。ヒュルスタ社はリビング、ダイニング、ベッドルーム、玄関、子供部屋、SOHOとすべての生活シーンを提案できる家…

リビングの主役、ソファの選び方 「MERITALIA(メリタリア)」

ソファの選び方をご案内しましたので、折角ですからRHINO creation(ライノクリエイション)がお勧めするソファをご紹介しましょう。先ずは「MERITALIA(メリタリア)」です。 MERITALIAは創業1987年のとても若い会社です。個性的なソファを発表し続けるMERITALI…

リビングの主役、ソファの選び方 「色には人を癒し、元気付けるパワーがある!」

リビングルームの中で壁と床に次いで大きな面積を占めるのは、カーテンとラグ。その次がソファです。当然視界に入るソファの色から受ける印象は小さいものではありません。だから色にはこだわって欲しいと思います。日本で売れているソファの色は、オフホワ…

リビングの主役、ソファの選び方 「素材選びはライフスタイルを反映している」

ソファの張り地は大きく分けて、革とファブリックの2つになります。革には革の良さがあり、ファブリックにはファブリックの良さがあります。それぞれの長所と短所を比較してみましょう。元々の「皮」をなめし加工することによって「皮」から「革」へと変化し…

リビングの主役、ソファの選び方 「形とデザインはその人の個性が出る」

ソファにはシンプルな両アームソファから、部屋の角を利用したコーナーソファ。脚を伸ばせるシェーズロング。背もたれがローバックまたはハイバック。座・背・アームに可動するファンクション機能をもたせたり、ベッドに変身できるものなど、ソファの形のバ…

リビングの主役、ソファの選び方 「サイズで寛ぎ方が違ってくる」

家の間取りを見ながら家具のレイアウトを考えるのはとても楽しい時間です。家族構成やライフスタイルを思い浮かべ、収納力のあるリビングボードを壁一面にセットしたり、ダイニングテーブルにはエクステンション機能をプラスしたり、ソファは脚を伸ばせるカ…

壁を楽しむために、壁を知る 「総括-壁を楽しもう!」

白い壁は部屋を広く見せますとか、家具をできるだけ低く配置することで上に空間が生まれて部屋が広く見えますということをよく聞きます。 確かに白は膨張色であるから他の色と比べたら目の錯覚で確かに広く見えます。しかし所詮20㎡の部屋は20㎡、30㎡の部屋…

壁を楽しむために、壁を知る 「タイルは水回りだけじゃない。リビングやベッドルームにも」

壁を楽しむために、壁を知る 「タイルは水回りだけじゃない。リビングやベッドルームにも」 これまで紹介してきましたクロスやペイント、珪藻土などではどうしても表面的な印象の変化になりがちです。もっと壁に表情を持たせたいというときにお勧めなのが、…

壁を楽しむために、壁を知る 「珪藻土壁は日本人にとって身近なものだったんだ」

壁を楽しむために、壁を知る 「珪藻土壁は日本人にとって身近なものだったんだ」漆喰壁は、耐火性や調湿性にとても優れています。そのため、昔から城壁、寺社、蔵などに用いられてきました。しかし最近は化学物質を含まないで完全なる漆喰を作ることができに…

壁を楽しむために、壁を知る 「流行のペイントウォールで、手軽に壁塗り」

壁を楽しむために、壁を知る 「流行のペイントウォールで、手軽に壁塗り」 | 「壁は白い」ばかりではない 外国映画を見ていると、配役ごとの性格設定に合わせて、部屋のインテリアや、壁に掛る絵や写真、さらには壁の色まで計算されています。例えば「プラ…

壁を楽しむために、壁を知る 「壁紙、クロスで簡単に模様替え」

壁を楽しむために、壁を知る 「壁紙、クロスで簡単に模様替え」 現在の住環境の中で、最も普及している壁の仕上げ材は壁紙(クロス)、特に安価で作業性に優れたビニールクロスがほとんどと言っていいでしょう。 | クロスの種類 ・紙製クロス 壁紙の歴史は意…

壁を楽しむために、壁を知る 「壁の内部構造はどうなっている?」

壁を楽しむために、壁を知る 「壁の内部構造はどうなっている?」 かつて日本の家の和室や数寄屋造りや書院造りの壁には、伝統的な工法による塗り壁が用いられてきました。柱と柱の間に竹を格子状に組み、縄で縛って固定する。その後下地を乾燥させては塗り…

壁を楽しむために、壁を知る 「壁にモノを飾ることの楽しさ」

壁を楽しむために、壁を知る 「壁にモノを飾ることの楽しさ」 部屋の模様替えというと、誰もが家具の配置換えを想像します。しかしもっと違ったアプローチで部屋の印象を変える方法があります。 一つは、照明。天井のシーリングライトをペンダントライトに変…

壁を楽しむために、壁を知る -追加投稿「モールディングで壁を意匠」

上の2つの写真、違いは何でしょう?コンサバティブな空間とモダンな空間。ある意味合っていますが、正確にはモールディング、ケーシングによる壁の装飾の有る無しです。壁を楽しむために、壁を知る -追加投稿「モールディングで壁を意匠」 モールディング(…

Touch on Wood. 木に触れる生活 「突板・パーティクルボード・MDF」

「Touch on Wood. 木に触れる生活」の最終回は「突板」「パーティクルボード」「MDF」です。これまで紹介してきましたナラ、ウォールナット、ビーチなど無垢材としてよりも突板として家具に使われることの方が多いです。突板というのは原木を大きなカンナの…

リビングの主役、ソファの選び方 「ソファの内部構造ってどうなっている?」

家具を選ぶとき一番多く予算を組むのがソファです。お客様がみえたときや自分の寛ぎの時間を大切にしたいということからなのでしょう。間違いはないのですが、全体のバランスを考えることも必要です。ベッドは1日のうちの1/3を費やすものです。しかも快適な…

間違わないラグの選び方 「素材からラグを知る」

間違わないラグの選び方 「素材からラグを知る」 ラグはファッションと同じように、使用されている素材がいくつもあります。ウール、アクリル、綿、シルク、ビスコース(レーヨン)、ポリエステル、バンブー、麻、レザーなどなどです。同一素材でできているも…

間違わないラグの選び方 「絨毯・ラグの効果を知る」

間違わないラグの選び方 「絨毯・ラグの効果を知る」ライフスタイルが欧米化し、ダイニングテーブルやソファがすっかり定着してきました。そしてこれまでは必ずあった和室、畳の空間がほぼ消えつつあります。 その一方で、温泉旅行に行くと、身も心もリラッ…

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.5 「ショールームは6,000㎡」

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.5 「ショールームは6,000㎡」 ヒュルスタ本社のショールームは1階、2階合わせて6,000㎡あり、ここで全てのファーストラインの「hülsta 」と、セカンドラインの「now!」を見ることができます。 <ショールーム専用の地図>ショ…

しまうだけが収納じゃない!「リビングボードとしてのテレビボード」

しまうだけが収納じゃない!「リビングボードとしてのテレビボード」 テレビ離れが著しいと言われてはいるものの、まだまだリビングにはテレビがドンと鎮座している家庭がほとんどです。システム収納で有名なドイツのヒュルスタにおいても、売れ筋商品の一つ…

しまうだけが収納じゃない!「ブックシェルフ」

しまうだけが収納じゃない!「ブックシェルフ」 今回の収納はブックシェルフ、本棚です。以前私もかなりの蔵書がありましたが、残念ながら引越しを機に、その多くを処分してしまいました。どれを残すか、どれを処分するかで本当に悩みました。当時私の持って…

しまうだけが収納じゃない!「キャビネット」

しまうだけが収納じゃない!「キャビネット」 身の回りの物を収納する家具としてあるものが、キャビネットです。収納するものによって、扉でクローズさせたり、ガラスドアで見せる収納にしたりと、用途は様々です。 now! vision:オープンとクローズをアレン…

しまうだけが収納じゃない!「ワードローブ収納」

しまうだけが収納じゃない!「ワードローブ収納」 | 本物のウォークインクローゼットとは今の家には、ほとんどウォークインクローゼットが完備されています。しかし扉を開けたら、洋服を吊るためのパイプが一本と、その上に棚が一段。納戸とどう違うの?と…

しまうだけが収納じゃない!「日本の収納の惨状」

しまうだけが収納じゃない!「日本の収納の惨状」 日本の住環境は、近年大きく移り変わって来ました。和室は無くなり、床はフローリング。柱や壁が減り、空間が広がり、窓が大開口となっています。そしてつくづく感じるのが、収納すべきものが以前に比べてと…

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.10 「思い出いろいろ」

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.10 「思い出いろいろ」 今回の「ドイツ、ヒュルスタ滞在記」を書いていて、そういえばあんなこともあったなあ、こんなこともあったなあと、思い出すことがたくさんありました。最終話は、そんな思い出をいくつか集めてみました…

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.9 「時には観光も楽しました」

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.9 「時には観光も楽しました」 商品を知ることも大事ですが、文化を知ることも大切なことです。日本からヒュルスタの取り扱い店の方たちが来ると、できるだけドイツの文化に触れてもらいたく、観光をブッキングすることがあり…

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.8 「furnplan(ファーンプラン)」

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.8 「furnplan(ファーンプラン)」 私がヒュルスタに入った2003年頃は、まだ3Dプランニングソフトがありませんでした。そのため、家具のプランは手書きでパース図面を書き、パーツの価格表を使って、一つ一つ使用パーツを書き…

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.7 「グループ企業を訪問」

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.7 「グループ企業を訪問」 ヒュルスタの正式名称は「hülsta-Werke Hüls GmbH & Co. KG」。有限合資会社で、非上場企業です。ドイツでは、大きな会社であっても上場していない会社があります。例えば世界的な工具メーカーのBOSC…

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.6 「ファーストライン『hülsta 』は一流品の証」

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.6 「ファーストライン『hülsta 』は、一流品の証」 ヒュルスタには、ファーストラインのオーダーメイド「hülsta」と、セカンドラインのキャッシュアンドキャリー「now!」があります。6,000㎡あるドイツ本社のショールームでも…

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.4 「憎めないキャラクター、ウェーバー」

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.4 「憎めないキャラクター、ウェーバー」 ヒュルスタの年間売り上げは、300万ユーロ。その半分をベッドルームの家具が占めています。ベッドルームの家具と言えば、ベッドとワードローブ。ワードローブはヒュルスタのシステム収…

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.3 「シュタットローンの夜」

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.3 「シュタットローンの夜」 ヒュルスタのあるシュタットローン、隣町のズートローンに滞在していると、夜はとても長く感じます。長閑な田舎町なので、夜を楽しむような娯楽がほとんどありません。仕事で行っているのだから仕…

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.2「ヒュルスタ本社」

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.2「ヒュルスタ本社」 朝8時から夕方の5時まで。これがヒュルスタ本社の勤務時間です。本社にはショールームと工場が併設されています。ショールームは、広さが6,000㎡。 ショールームは回遊式になっているため、順路を追って見…

ドイツ、ヒュルスタ滞在記 vol.1「初めてのヒュルスタ本社」

私がヒュルスタに在籍していたのは、2003年から2013年の約10年。その間、商品知識習得のための研修や、日本からのお客様をご案内するために、ドイツ本社を何度も訪問しました。初めてのドイツの時は、勝手がわからず、特に緊張したことを覚えています。ドイ…

テーマ一覧

ヒュルスタに在籍中、本社で研修を受けるため、ドイツを訪れることが何度かありました。ヒュルスタの製品や哲学を理解するとともに、その時感じた日本とドイツの文化の違いや、旅の思い出を綴ってみました。 現代人はあらゆる環境からストレスを受け続け、睡…

体に優しく、一年を通して使えるリネン 「ベッドもやはりリネンが最高!」

ベッドリネンを選ぶとき、まだまだコットンが主流のようです。確かに、超長綿のサテン生地のベッドリネンは、ツルっとしてとても気持ちがいいです。 しかし私は、コットンよりもリネンが肌触りが良くて好きです。夏はべたっとまとわりつく感じがなく、さらっ…

体に優しく、一年を通して使えるリネン 「食卓が華やぐテーブルリネン」

今回のテーマは「体に優しく、一年を通して使える。リネン」と題し、私が実際に使っていて、その使い心地がいいリネンをご紹介します。リネンの中でもテーブルリネンについてです。テーブルデコレーションは、ヨーロッパでは極々当たり前の装いです。その日…

間違わないラグの選び方 「製造工程からラグを知る」

間違わないラグの選び方 「製造工程からラグを知る」 絨毯・ラグと一口に言っても、その作り方には大きな違いがあります。 | ハンドウーブン平織りの絨毯のことを、ハンドウーブン(hand woven)と言います。 縦横の糸で平坦に織られたもので、キリムなどがそ…

眠りのゼミナール 特別寄稿Ⅱ「究極の寝心地 hülsta(ヒュルスタ)の電動リクライニングベッド」

眠りのゼミナール 特別寄稿Ⅱ「究極の寝心地 hülsta(ヒュルスタ)の電動リクライニングベッド」 電動リクライニングベッドというと、日本では介護用ベッドと思われる方がほとんどのようです。しかしヨーロッパでは、電動リクライニングベッドは新婚カップル…

眠りのゼミナール 特別寄稿Ⅰ「ポケットコイル、ウォーターベッド、ウッドスプリング、低反発マットレス、結局どれがいいのか?」

眠りのゼミナール 特別寄稿Ⅰ「ポケットコイル、ウォーターベッド、ウッドスプリング、低反発マットレス、結局どれがいいのか?」 ベッドを購入するにあたって、いろいろあるタイプのベッドの中からどれを選んだらいいのかを迷われている方がたくさんいらっし…

眠りのゼミナール 「夢」

眠りのゼミナール 「夢」 レム睡眠とノンレム睡眠、枕とベッドとの関係、ベッドを選ぶときは実際にゴロンとなることなど、これまで快適な睡眠を得るためのいくつものポイントについて述べてきました。どれも大切なポイントです。是非実践してみて下さいね。 …

眠りのゼミナール 「寛ぎのバスタイム」

眠りのゼミナール 「寛ぎのバスタイム」 睡眠において大切なのは、いかに心と体がリラックスできているかです。そこで大いに力を発揮してくれるのがバスタイムです。 私は海外のホテルに泊まるときに、必ずバスタブがあるかを確認します。それは仕事や観光で…

眠りのゼミナール 「ベッドルームの灯り」

眠りのゼミナール 「ベッドルームの灯り」 子供の頃は夜の闇が怖かった。そんな記憶はありませんか? それはただ単に暗闇が怖いというものではなく、何故か漠然と眠ることと死ぬことがどこかで繋がっているのではないかという観念が無意識のうちに形作られて…

眠りのゼミナール 「ヒュルスタのベッド、究極の『スリープシステム』」

眠りのゼミナール「ヒュルスタのベッド、究極の『スリープシステム』」 出張などでビジネスホテルに泊まると、ギシギシ音がしたり、ベッドが硬かったりで、十分な睡眠が取れないことが多々あります。仕方ありません。それは私が家で使っているベッドが、あま…

眠りのゼミナール 「ベッド購入時のポイント」

眠りのゼミナール 「ベッド購入時のポイント」 ベッドを検討されているお客様の行動で不思議に思うことがあります。ベッドのクッション性を確かめるためなのか、ベッドに腰を掛けて軽く上下に動く。人によっては、膝でそれを行う方もいます。横にならないの…

眠りのゼミナール 「正しい枕の選び方」

眠りのゼミナール 「正しい枕の選び方」 最近ホテルに泊まると、枕を選べるサービスがあります。自宅で使っている枕と違う枕を体感できる、とても素晴らしいサービスです。しかしそこで出会った枕に感動し、いざ自宅で使ってみても同じ効果が得られない。そ…